タウン360°サポートセンターにようこそ。タウン360°に関する質問を行っていただけます。
タウン360°サポートセンターにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

CSVデータを使った場合の効率的な物件更新

支持 0
CSVで物件データを管理している業者さんより、効率的な物件データの更新方法のご相談を、よくお受けしますので質問を投稿します。
ユニテディア 金木 (ポイント 2,990) 2013 9/19 質問 物件登録
ユニテディア 金木 2013 9/19 編集

回答 1

支持 0

CSVデータを使って、一括で物件データを管理している場合に比較的良く見られるケースとして、募集中の物件データだけが更新されるという事があります。これは募集中の物件だけがCSVデータとして出力されて上書き更新されるために起こりますが、この状態では、契約済み(申し込み済み)物件が更新されず、掲載が継続(おとり広告)されてしまいます。

この状態を解消するため、タウン360°には指定した期限を過ぎた物件を、一括で契約済み物件として掲載から落とす機能が追加されています。手順は次の通りですので、ぜひご活用してください。

①管理画面メニューの 「空室状況一括チェック」 を選択します。

②画面下部に設置されている 「一括ステータス変更」 ボタンをクリックします。

③一括で契約済みに変更する期間を設定します。 



④プレビュー画面が表示されますので、対象物件数を確認して実行ボタンを押します。

上記の例では、14日以上入居ステータスが更新されていない物件が全て契約済みに変更されます。CSVを使って運用されている場合は、こちらの機能を使って定期的に全ての物件を契約済みにステータスを変更します。この時点で掲載物件数は「0件」となりますので、新たに募集中物件のCSVデータをアップロードすれば、募集中の物件だけが掲載された状態となります。

ユニテディア 金木 (ポイント 2,990) 2013 9/19 回答
...